建築士としての役割

本来、建物を建設するにあたり設計事務所が主導して監理いく必要がある。しかし、実際の設計業務の多くは、せっかく資格を取り設計事務所として独立したとしても、工務店や建設会社の下請けになり、建設会社の設計部門となっていることで建築の補助的な役割でしか活動できていないのが現状である。一級建築士という日本最高の建築士国家資格を取得している我々が、資格を取得するに向かっての想い「建築業界を引っ張っていく」をもう一度想い起して、建築士としての役割「設計者が主導して監理する」を正しく遂行することにチャレンジする。

ビルダーとの共存

カスタマーのイメージを正確な形にするにあたり、設計者とビルダーが建築のあり方に対し、共通認識しておくことが重要になってくる。そこで、我々がビルダーと共に世界各国の建築様式を把握し、それぞれのディティールを追究・検証・把握することで、カスタマーのイメージを正確な形にすることができることになる。ここで、大事なことは我々が欧米の建築ビジネススタンスを参考(設計業務と建設業務は明確に分かれておりカスタマーが選別するシステム)にして学び、ビルダーに対して対等な立場で提案し続けることが必要になる。お互いの得意とする専門知識を融合させ建築を進化させていくこと、また同時に設計と施工の認識のズレを回避することで、真の相乗効果が生まれより良いモノを造ることができる我々は、ビルダーと共に個々のカスタマーに適した本物の住宅を提供し続けていく。

建物の観点

設計者、建築家といった建物の専門家が「良い」と思うもの、建築業界の評価が高いものが、必ずしも一般の人に評価されるとは限らない。建築文化的に価値の高いものが保存されるとは限らず、特に注目されなかった建築が保存されることもある。こういった事象が数多く見られる。見る側からの観点、価値観でまったく違う評価を受けるという事だ。つまり専門的な見解も大切だが実際に建築物を使用する人からの評価が大事であると考える。カスタマーのイメージを形に変えることが我々の役割であり、それに当たり前のように構造的安心がついてくる建物でなければならない。
専門的な観点と客観的な観点を合わせ持ち海外の文化・建築を追究することは、数多くある建築様式や伝統をリモデリングできる技術の構築に繋がりカスタマーの建築に対する価値を正確に正しい形にして提供できる。

ビジネス的観点

建物の寿命は設計・施工・使用部材によって変わってくるのはもちろんだが、そこに住む人々のライフスタイルによっても大いに影響を受ける。つまり、メンテナンスのあり方についても我々が追究し把握した上で、正しくカスタマーに提案を行い理解していただくことが必要になる。建物といかに共存していくかを住まい手に考えさせることが大事になってくる。時代の流れに対応する統括した設計・監理を行う事でカスタマーに対しての「建築の専属医者」的な存在になる事がカスタマーに対して我々設計者の正しい役割である。どんなに体が丈夫な人でも風邪を引くこともあり、また、強力なウィルスには負けてしまう事もある。建物も同じでどんなに頑丈に造っていても自然災害には対応できない。そのような場合に部分的でなくトータル的な観点で先を見据えた建物に最善の処置を施すことが大切であり、建物の寿命を延ばすことにも繋がる。カスタマーをトータル的にサポートして行く事、適切な処置をすることは、建築の医者と言える。我々は、建築を通して「一つの出会いを生涯の付き合いにする」事を目指す。